英会話の勉強方法考えました。はじめに3つのアウトプットを多めにやっていきます。

英会話の勉強方法考えました。はじめに3つのアウトプットを多めにやっていきます。


SPONSORED LINK

英会話の勉強方法

photo credit: Mullenkedheim via photopin cc

英会話を身につけるために、何をやるべきか。

ずばり、今までやってこなかったことやります。ちょこちょこ英語を勉強しようと取り組んだり、学生時代にやってきたことでは「英語は話せるようにならない」というのはまさに私が生き証人のようなものです。たぶん多くの社会人のかたがうんうんとうなずいてくれるでしょう。なのでこのブログをはじめるまえに改めてと英会話が上達するためにどうすればいいか、という英会話の学習方法についていろいろと書籍などで調べてみました。

英語勉強法で参考にした書籍

①日本人の英語勉強法

②村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける

③21世紀の英会話

上記書籍以外にもいろいろと読んでみましたが、①〜③が私の今まで経験からも共感する事が多いと思う事が多く、英会話だけでなく英語の勉強方法を模索しているかたにはおすすめです。③の21世紀の英会話にはオンライン英会話の選び方などものっていて、フィリピン留学、オンライン英会話に関する本がすくないので参考になりました。いろいろ選ぶ方の基準を紹介していて、はじめるまえにはなるべく多くの無料体験を受けてみよう、というような事が書かれています。

まず最初にやっていこうと思う事

上記資料、WEBサイトなどを参考にしてまずは以下の3つを重点的にやっていこうと決めました。

1、発音
・単音の発音
・文章の発音

2、音読
・使えるフレーズを覚える
・リズムを身につける

3、覚えたものを使う
・覚えたフレーズを使う➡オンライン英会話

英会話を身につけるとなると巷にはいろいろな教材や手法があると思いますが「聞き流すだけ、聞くだけ系」はどうもそんなわけない、というか考えてみればわかります。聞くだけ聞いていきなり話せるわけないし、そもそも単語の意味すらわからないのに会話になるとは思えません・・・。英語のリズムにはなれるとは思いますが・・。聞くだけ系で身につけた方もいらっしゃるとは思いますが、人生経験から甘い話には裏がある、結局地道に王道をこつこつやることが最も近道であることは30年も生きていればなんとく実感として感じていますので、今回は聞くだけ系はパスしました。

ちなみに海外旅行でちょこっと話せればいい。海外旅行でなんとかなればいいという人には、おすすめの書籍は

☆英語語なんて これだけ聴けて これだけ言えれば 世界はどこでも旅できる

この本のタイトルあながち嘘じゃないです。はじめて海外にいかれる方はこれだけ読んでもっていけばなんとかなります(私がそうでした)。

なぜその学習法をやるのか

1、発音

・単音の発音
・文章の発音

単音の発音はやらなくても話せるといわれたらそのとおりだと思いますが、英語には母音といってもいろいろあるしその使いわけの基本ができていないと上達速度が違うような気がします。昔に文章の音読をやったとき感じたのですが、単語そのものの正確な発音とか、音の出し方がそもそも全然身に付いていないので結局遠回りになるような気がしました。英語の音は口の筋肉の使いとかの問題で、筋トレ感覚で口の使い方をまず学ぼうと思います。文法とか単語の発音があってても、言葉にすると消えてしまう音とかあるので文章としての音をおぼえたいです。

2、音読

・使えるフレーズを覚える
・リズムを身につける

音読でフレーズやリズムを覚える。これは単純によく使う言葉や応用がきく言い回しはフレーズとして覚えておけば会話のバリエーションが増えると思ったからです。たとえば英語で話しかけられたとき、学校で習ったかんじだといちいち頭のなかで文法を組み立てたりして「あ〜」とか「う〜」とか言ってなかなか返せないので、まずは応用のきくフレーズを徐々に覚えて、あとは英語って独特のリズムがあるのでそれを体得するために音読を繰り返そうと思っています。知ってても口が覚えてないと使えないと思いますので音読は筋トレにつもりで頑張ります。

3、覚えたものを使う

・覚えたフレーズを使う➡オンライン英会話

これは単純にアウトプットです。覚えても実践で使えなきゃ意味ないし、使う練習が一番大事だと思うので、なるべくオンライン英会話の受講回数を増やしながら何度も使ううちに勝手に口にでるフレーズを増やしていきたいと思います。

どうやって勉強するのか

こちらもいろいろと参考にして、かつ自分の手でとってみて厳選しました。参考書は少ない数を徹底的にやったほうが効果的だと思うので、使用する参考書は最初の段階ではこの4冊にしぼってしっかりと進めたいと思います。CD音源やダウンロード音源があるので、それらも移動中に聞けるようにIpodシャッフルにいれておきました。

使用する参考書

①【発音】DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

まずは単音の発音練習をこの本でやっていきたいと思います。本というより付属のDVDがかなりわかりやすいのでそれで練習していきます。

②【発音】知ってる英語なのになぜ聞き取れない?―ネイティブ発音・リスニング7つの法則

単語の音を知っていても、文章になると急に音が聞き取れない・・・。そういう人(自分)用に英語独特の音の変化をまとめた本です。単音から次に進むときにやろうと思います。

③【音読】毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくる

これは薄い参考書ですが、英文法を使える姿(フレーズ)で紹介していて文法の復習もできるので音読用のテキストにすることにしました。短いフレーズですが、これにのっているものは完璧に覚えられるくらいまで練習したいです。

④【音読】毎日の英単語 日常頻出語の90%をマスターする

上記③の単語バージョン。よくしってるはずの簡単な単語の発音に自信がない私にはぴったり。実はそんな簡単な単語でほとんどの会話がなりたっていることを知って、これだけやろう、という気になれた。

オンライン英会話

勉強方法で参考にした「21世紀の英会話」でも選び方を紹介されていましたが、
①受講ペース
②一度に受けられる受講時間
③料金設定

などを考慮しながら、まずはともあれ「たくさん無料体験を受けて自分に合いそうなところをみつけろ」との事なので、本格的にはじめるまえに無料体験をいろいろ受けてみようかと考えています。といってもオンライン英会話のサービスは100以上あるようで、それ全部はさすがに無理なので実積があり知名度もあって、サイトがみやすいところをいくつか候補にあげましたのでせめて⬇のものは体験授業を受けてみようと思います。

・エキサイト➡【エキサイトスカイプ英会話】

・ダバオカフェ:DavaoCafe➡オンライン英会話【DavaoCafe】

・英会話ELTO(エルト)➡オンライン英会話ELTO(エルト)

・産経オンライン英会話➡産経オンライン英会話

・DMM.com➡DMM英会話

・ラングリッチ➡ラングリッチ

・Hanaso➡Hanaso

・レアジョブ➡レアジョブ英会話

いろいろ比べるのはちょっとおっくうでもありますが、しっかりと身につけたいので自分にあったところを選びたいと思います。まぁ、無料体験をいくつもやるだけでも何時間となるわけでそう思ったら「タダでたくさん話せてラッキー!」と思えるような気もします。ポジティブに捉えていろいろ試していきたいと思います。

 

英会話の勉強方法まとめ

まずは以下のような感じではじめたいと思います。

1、発音、音読、覚えたものを使う。
2、参考書は4冊。
3、無料体験を受けて自分にあったオンライン英会話を選ぶ

また進捗があれば追記していきたいと思います。


人気の記事:

・1位:海外旅行に最適なカードをおすすめ13厳選!
・2位:ダナン観光を最高に楽しむ5つのポイント&お役立ち5TIPS
・3位:英語学習を継続させる3つのポイント

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

更新:2016/4/17よりTwitter始めました! PUB&CAFE Follow me!
Categories