スカイプ英会話での学習目標「受講開始から9ヶ月後の今」

スカイプ英会話での学習目標「受講開始から9ヶ月後の今」


SPONSORED LINK

スカイプ英会話を受講開始してから9ヶ月が経ちました。

更新しなくなってしまってずいぶんと経ってしましましたが・・・英会話の学習のほうは地道に続けております。仕事の関係やモチベーションなどによってできている時期とできていない時期が結構ありますがとりあえずなんとか9ヶ月続けることができています。 いままで英語を学ぼうとして何度も挫折してきたのですが、今回は「続いている」というだけでも素晴らしい!と自分を褒めつつ、一度これまでの学習を振り返りつつ、これからの目標、英会話習得において意識したいと思っている事をまとめたいと思います。これまでの効果はまた別の記事でしっかりと書きたいと思いますが、まずは続けられていることの最大の要因はやっぱりスカイプ=自宅で気軽にできる、失敗しても遠慮なく会話できるというところが一番の要因だとつくづく感じています。

レアジョブ英会話の進捗

でも、まだレアジョブ英会話での受講時間、100時間はいってなかったんですね・・。結構やったと思ってたのですが。受講ペースは最初の2〜3ヶ月は一日2回コースで週平均4日×2回、それ以降は一日1回コースに変更して調子がいいと週4回くらい受講、のらないと週1、2回くらいといったペースです。これまでつづけてきたなかで少し中だるみしてきた感もあるので、改めてこのあたりでこれから意識したいことをまとめておきたいと思います。

1、アウトプットを意識する。

これ、できているようでなかなかできないでいました。あたりまえといったらあたりまえなのですが、レッスン教材などがあってそれに従っているとやった気になってしまって、なかなかアウトプットを意識できていないものです。 具体的には、「自分はどういったシーンで英会話を必要とするのか」をもっと意識していく必要があると思いました。最初の3ヶ月くらいで、英語で話すということに慣れてきましたので、もっと実用的=アウトプットのシーンを自分で決めて学習したほうがはるかに効果的だなと感じています。なぜなら日常会話は結局のところ「一番難しい」とひしひしと感じているからです。これはいつまでたってもゴール、というかここまでできればOKというのが見えないので、ビジネスならビジネス、もっというと「会議を仕切りたいのか」「部下に指示をだしたいのか」とかそういったシーンごとに最適な言葉をどんどんつかっていって、局所的に自分が自信がもてるシーンを作ったほうがいいな、と感じています。 当然、繰り返したものは自分の得意分野になるので、まずはどういったシーンで英会話が必要なのか、その場合どういった言い方が適切なのか書き出して、それを実際にレッスンに反映したいと思っています。たとえば、

・自分の仕事の専門分野の説明 ・ディスカッションの進行役としてのフレーズ ・海外で日本について尋ねられた時

そういったシーンを想定して、自分が話すことができるカードをいろいろ用意して実際にやってみる!というのがこれからの課題のひとつです。よく繰り返すシーンは上達する。ということで、スカイプ英会話の学習者が一番上手に話せるのは「自己紹介」ではないでしょうか。なぜなら、レアジョブなんかの場合は先生がいっぱいいるのでその都度自己紹介する必要にせまられ、必然的にそれに関してはかなりうまくなります。

そんなことを思っていたらアウトプットの重要性についてわかりやすく書いてある本が出版されていました。

おすすめです。

たしかに、自分の得意分野に絞って会話のトレーニングをすれば1年でなんとかなる、というか1年で基礎は作ってしまう、というほうがメリハリもあっていいですね。

2、フリートークを重点的に

これは1の「アウトプットを意識する」を実践しようと思うとやはり教材よりもフリートークのほうが効果的です。その際に、レッスンのはじめに講師に「今日は◎◎を想定して話たい」とか「◎◎について話そう」とかお題をふるようにしています。レアジョブの教材はかゆいところにもよく届くできた教材なんですが、やはりアウトプットを意識すると教材よりフリートーク重視のほうがやりやすいです。

3、フレーズもいいけど、やっぱり瞬間英作文

今まで英語学習を9ヶ月続けてきて、一番効果があった教材はなに?と言われたら、「瞬間英作文」をあげます。フレーズ集もいくつか買ってみたのですが、フレーズを単純に覚えるよりも瞬間英作文でトレーニングしたほうが会話の柔軟性が生まれるような気がします。簡単なフレーズを覚えるのは大事だと思いますが、簡単な文法をたくさん瞬時にひきだせたほうが学習効率とはして高い気がしました。

最初の半年で一番効果的に英会話を身につける方法は、簡単なフレーズを覚えつつ瞬間英作文をどんどん繰り返して、スカイプで実践、これがいいなぁと思っています。

4、基礎の英単語をしっかりと発音できるようにする

英会話をはじめた頃(今もですが)、知ってる単語、中学生レベルの単語でもうまく発音できない、音がわからないということが多々ありました。見れば一発でわかるんですけど、音として覚えていない。しかもよくいわれるように、日常英会話の90%以上がこういった中学レベルの単語でなりたっているのでここをおろそかにしているとあとあと大変になるし、逆をいえばここさえ覚えてしまえば会話は成り立つということになります。仕事や留学で英会話が必要であればシーンごとに必要な難易度の高い言葉はピックアップしてそこだけ事前に覚えておけばいいので。

ここをもう一回きちんとやる予定です。

5、音変化&発音に気をつける。

スカイプ英会話の講師がはじめのほうはゆっくりと聞き取りやすく話してくれますが、ある程度会話が成り立つようになり、話もはずむと自然と会話が早くなり、音がどんどん変化します。映画とかでネイティブが話しているのを字幕できくとひとつひとつの単語は知っていても、音が変化しまくってわからないってことよくあります。

なので、これからはヒアリングも重点的に鍛えて行きたいと思ってます。以下は日本人が聞き取りにくい音変化をまとめて掲載されている良書です。ただいまこれにとりくんでいる最中なので、上達の兆しがみえればまた進捗をこちらで報告します。

スカイプ英会話をこれからはじめる人へ

9ヶ月たって英語ぺらぺらか、と言われたらそこまでは全然いっていませんが、はじめるまえの自分と比較したら信じられないくらい上達しています。簡単な会話なら成り立つし、外国人に英語で話しかけられても変にどぎまぎすることもなくなりました。実際に、街中で声をかけられたり海外で英語を使ったりするとスカイプとちがって対面なのでレッスンよりより聞き取れます(だいたい意味はわかるという意味です)。

個人的には、勇気出して1歩をふみだしてよかったな、と本当に思ってます。また、ちょくちょく進捗を書いて行きたいと思います。
☆管理人が受講中のオンライン英会話:レアジョブ英会話


人気の記事:

・1位:海外旅行に最適なカードをおすすめ13厳選!
・2位:ダナン観光を最高に楽しむ5つのポイント&お役立ち5TIPS
・3位:英語学習を継続させる3つのポイント

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

更新:2016/4/17よりTwitter始めました! PUB&CAFE Follow me!