レアジョブ辞めてラングリッチに乗り換えた3つの理由。

レアジョブ辞めてラングリッチに乗り換えた3つの理由。


SPONSORED LINK

レアジョブを始めたのは2014年の秋から1年以上か・・・。いろいろと他社の体験レッスンをしっかり比較して選んだので正直残念な気持ちがかなりありますが、最近はかなりフラストレーションがたまっていたのでこればっかりは仕方ないです。

初めてレッスンで英語話した時は緊張したし、英語がすこしでも通じはじめたときは嬉しかったな・・・。先生と仲良くなって普段人に話さないような事とか、話せていい想い出とかもいろいろあるな。仕事しくじって励まされたりとか、いろいろと想い出深い。でも・・、

 

非常に残念ですが、レアジョブ辞める事にしました。

レアジョブやめてラングリッチへ
というわけで、非常に残念ではございますが想い出深いレアジョブを辞める事にしました。正確にはまだ振替レッスンなども受けられるので「休会中」という扱いにしております(休会であればもし再スタートしたくなればいつでも開始できるとのこと)。

 

正直、レアジョブに対してかなり愛着を抱いていたのでこの決断を受け入れるまでにはかなり時間を要しました。ただ、わかっていただきたいのでこれほどまで愛着があったレアジョブを辞めようと決断させるほどの理由があった、いや僕のなかで不満が積もっていったということです。そして我慢できる限度を超えてしまったのです。

 

レアジョブを辞める!と私に決断させた理由

①先生の予約がとれない。

レアジョブ先生予約とれない

正確に書くと予約をとりたい先生の予約がとれなくなってきました。仕方ないっちゃ仕方ないのかもしれませんが、特別人気ってわけでもないのに予約がとれなくなってくると正直しんどくなってきます。なぜなら、

・毎回自己紹介からに嫌になった。(5分くらいはかかる)
・学習の進捗がイマイチわかってくれない。(共有はしているのかもしれませんが、見てない人多い)
・ずっと相性がいい先生を探しているような感じになる。

先生がいないわけじゃないんです。むしろ他のスクールよりは多いと思います。でも獲りたい予約がとれない。人気ってだけの理由じゃなくて、

・入れ替わり激しいのか。
・受講者が多すぎるのか。

って理由も考えられますが、どちらにしても「先生がある程度、固定してくれない」と結構めんどうです。レベルが高くても毎回違うコーチに教えてもらってる感じなので、であればスクールのレクチャーシステムがかなり完成されてるか、先生自体に教育が行き届いてるかしてもらわないと・・。正直、レアジョブはどちらも×だと思いました。感覚的には主婦がおやつの時間に英語の雑談につきあってくれてるって感じで、受講者がふえて教師をどんどん入れてるのかだんだんレベルが落ち来てると思いました(2014年からはじめてみて・・)。

 

②先生&レッスンの質が悪化した。

どういった理由かわかりませんが、全体的に先生のレベルが落ちたような気もします。けれど、致命的なのは「とりたい先生の予約がとれない」=「不人気の先生の授業をとるしかない」になる。不人気の先生というのは、何も教え方はへたくそってだけでなくて

、電波がわるい。
・レアジョブは先生が自宅で教えてるので先生に家によっては悪天候などでしばしば電波が最悪になります。電波のほかにも、一度庭でやってるのか「ニワトリ」の声がうるさすぎて授業にならなかったことがあります。

2、家でやってるのでだれる。片手間感がすごい。
・後ろの子供が気になって仕方ない人とかいます。
・だれます。やる気がないときに家にかかってきた電話に対応してる感じになります。

3、ドタキャンが多い。
・自分がやめた決定打はこれです。

とくに3!キャンセルが続くとかなりモチベーションが低下します。ドタキャン多いので振替えレッスンもたまります。でも振替えでもまたキャンセルとかでて正直そんなのが続き始めて「辞めよう」と決意しました。もうスカイプ英会話辞めようとな・・と考えましたが、妻がダバオカフェでやっていたこともあり状況を説明すると「それはありえない」ということでした。やはり大手で有名、先生が多い、というほうよりも、オフィスに通うタイプである程度しっかりとしたスクールのシステムができているほうがいいな、と思い始めました。

 

③発音練習がどうしてもしたかった。

これに関してはレアジョブに何の落ち度もありませんが、僕が個人的に「発音強化したい!」と思っていたため、変更するなら発音強化が集中的にできるオンライン英会話にしたいと考えてました。で、いろいろとネットサーフィン(ex:オンライン英会話 初体験(CHikirinの日記))をするとどうやら「ラングリッチ」の発音矯正がいいらしいという噂をききつけ、さっそくラングリッチの無料体験を受け直しました。

ラングリッチ発音テキスト

結果から言うと、レアジョブ愛が深かった分みとめたくなかったのですが僕の決断は「英断」でした。

 

結論:正直、ラングリッチに変えてよかったです。

知り合いとかにもレアジョブすすめてたのですが、レアジョブを辞めてラングリッチ
にきりかえたのは本当正解でした。ラングリッチに切り替えて数ヶ月が経ちましたが、レアジョブを1年以上続けてきた僕が思う、ラングリッチのいいところは(あくまでレアジョブとくらべたときの主観的な意見ですが)…

①教材がいい。

やはり噂通り、発音矯正のテキストを数十回分やりましたが自分の発音が飛躍的に良くなった気がします。まだまだ練習が必要ですが、少なくとも音の違いがわかるようになりましたし、何よりリスニング力が伸びたような気がします。自分で発音できる音は聞き取れるって本当でした。発音をよくしたいとお悩みの方は、発音編だけでもいいのでラングリッチで受講してみるといいと思います。また今はビジネス編をやってますが、そちらのテキストもGOODです!

②先生がいい➡運営がしっかりしてる。

これはすぐ結構感じました。まずすぐにわかったのは先生の発音レベルがレアジョブと違うなと感じました。ちゃんと先生を選んで採用してる感じがしました(少なくともやたらめったらいれてる感じがしない)。先生そのもののポテンシャルの違いも感じましたが、あとは運営側(日本人)が先生をしっかり教育してるな、っていうのもわかりました。レアジョブの場合、運営サイドにあったことないみたいな人がかなりいます(面接時だけ?とか)。どうやって採用してるのかやや疑問です。

③オフィスでやってるのでぴりっとしてる(仕事してる)。

これはラングリッチ以外のスクールもやってるところありますが、やっぱ通ってきてるので自宅でやってるのとは違いますね。まずパジャマ的な人もいませんし・・。電波状況もよく、仕事としてやってくれてます。
以上、あらゆる面で個人的にはラングリッチ>レアジョブとなりました(あくまで2016年4月現在の個人的な意見です)。あえてレアジョブに劣っているところをあげるとすれば教材の数が少ないかもしれません。けれど、どんどん更新されるレッスンニュースなどもありますので特に気になりませんし、今ある教材が終了するレベルであればフリートークがメインになると思いますのでそこはあまり心配していません。

もしラングリッチは一度無料体験を受けてみる事をおすすめします。

最後に、長い間お世話になったレアジョブさんには大変愛着があったので、ぜひとも今後はより使いやすくなるように改善して頂きたいと思います。僕以外にも英語学習で困っている日本人はごまんといますので、今後は大手だからこそ実現できる素晴らしい英語教育を提供して、日本の英語教育を変えて行ってほしいと切に願っております。一、元受講者より。

 

今日の学習内容

スカイプ英会話:ラングリッチ:25分
発音注意:apologize / repair
単語暗記:investigate
フレーズ暗記:I apologize for the inconvenience./Let me look into the problem


人気の記事:

・1位:ダナン観光を最高に楽しむ5つのポイント&お役立ち5TIPS
・2位:スカイプ英会話の無料体験を8社比較した感想。
・3位:英語学習を継続させる3つのポイント

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

更新:2016/4/17よりTwitter始めました! PUB&CAFE Follow me!